【派遣社員】家を買えるのかという話【住宅ローン】

2020年3月5日

どうも。マンガ家とイラストレーターと派遣社員で広告代理店のディレクターをやっているかみじょーです。

よく知恵袋的なところで、派遣社員で家購入できるのかとか、住宅ローン組めるのかとかそういう話を見かける&知り合いにも聞かれるので自分自身の話を書いておきたいと思います。

派遣社員は、住宅ローン組めるのか

結論から申し上げると、審査通ったし、ローン組めました。

当時の私の年収(派遣での)は330-350万程度だったかと思います。

フリーランスでの所得も多少ありましたが、入れると審査ややこしくなるということで、派遣の所得のみで審査提出しました。(フリーランスの収入は波があったからだと思われる。)

自分自身でいろんな銀行に審査に出そうと思っていたのですが、ちょうどインフルエンザにかかり、しかも別の人が同じ物件を買おうとしているから早く契約したいと言われ、(これは不動産会社のセールストークだと思われる)銀行取組み費という謎の費用を10万円支払い、ローンを組める会社を探してもらいました。
普段使っている新生銀行に派遣の方は無理ですって言われて心が折れたのもある。

10万円の手数料で、銀行何社に審査出してもらったのかはわかりませんが、ローン組めました。関西アーバン銀行、今の関西みらい銀行です。
知恵袋的なところでは、頭ごなしに無理って言ってくるところが多いですが、実際ローン組めましたので、事実として書いておきます。

ローンは組めたが金利が鬼

2.67%(35年・変動金利)

これ、当初の住宅ローンの金利でした。

体調の悪い中、ローン組めないよりはマシなんかな…もう後にも引けないしな、借り換えっていう手もあるしな…なんて朦朧としながら契約しまして。
元気ならもう少し交渉もしてたと思うんですが、思考停止&早く終わらせたい一心でございまして…(ただの言い訳なのですが)

それゆえ、カーテンレールいくつかつけるだけでリフォーム代10万とか、微妙なお金も請求されており、住宅以外に200万円ぐらい手数料的なあれこれおを払ってました。カーテンレールぐらい自分でできたはずなのに。涙。

後日、マンション売ってる友達に後日、手数料でそれは払いすぎやで〜と言われましたし、取引先のおじさんに、その金利、桁間違ってんちゃうか、流石にそれはないで~!と言われたんですが、やはり桁は間違ってません(涙)
クーリングオフとかあれこれ動こうと思ったら動けたのかもしれないですが、もはや流されるまま。

2000万円弱借りていたので、年額50万円が住宅ローンの金利だったことになります。住宅ローン減税が、ローン残高の1%なのでざっくり計算でそれを差し引いても30万円が金利。たけえ!最悪!バカ!(怒)

というわけで、ひとまずローン組めたのでヨシです。
後編では、金利が下がった話をします。(ただでは起き上がらないw)

後編(金利が下がった話)へ続く。↓

よかったらぽちっとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

PR