【コロナ問題】広告代理店で働く私が考える飲食店の生存戦略【無料でできる販促】

リモートワーク中のマンガ家・イラストレーターのかみじょーです。
フリーランスなんて在宅だろ!と言われそうですが、兼業ですので、普通に月~金会社勤めです。めっちゃ普通に働いてます。

それゆえ、急ぎの案件が詰まっていない時は、だいたいお昼は会社の外のごはん屋さん。
めちゃくちゃな依頼や急な変更指示にイライラしていても、おいしいランチで癒されてきました。

そんなお世話になっているお店の経営が、コロナの影響で厳しい状態にあります。
とはいえ、今むやみにご飯を食べに外に出まくるとか、お店を利用するのは感染拡大のリスクにしかならず何の解決にもならないので、広告代理店で働いてるなりに、飲食店の人が代理店などに頼らずともできるお店を盛り上げる“無料でできる販促”をいくつか書いておきたいと思います。

わかる限りで書いていきたいと思います。
間違っている点や、もっとこうしたら?みたいなのがあれば随時お知らせください!
お店を開けざるを得ない場合でも、休業している間にでも、できそうなことを書いてみてます。
そんなん分かりきってるって、知ってるって、ってこともたくさんあると思いますが、ご容赦ください。

今、ひとまずお金を稼ぐために飲食店ができること

お弁当・持ち帰りもできるお店ならば、今はそれを伸ばす時。

私もですがリモートワーカーが増えているので、お弁当の需要は高いはず。
というか実際高いです。ウーバーイーツ10割増。
https://www.businessinsider.jp/post-210727 (出典元)
出前館など他も活発なようです

家で仕事していたって仕事量は同じですし、お昼休みだって1時間程度。
ご飯作るのは正直面倒&おいしいものを食べたい!
というわけで、持ち帰りの対応ができそうであれば、今始めるのが良いと思います。

そして、販路について。

Uber eatsに登録しましょう

Ubereats、説明不要だとは思いますが、代理で出前してくれるあのサービスです。
今急激な需要拡大のために登録に時間がかかっているようなので、お持ち帰り対応ができるお店は早めに申請しておくといいと思います。
https://www.ubereats.com/restaurant/ja-JP/signup

LINEポケオにもついでに登録しましょう

LINEポケオとは”今いる場所に応じて、近くのお持ち帰り・テイクアウト可能なお店を検索・注文・事前決済までLINE1つで完結できるテイクアウトサービス”です。
LINEデリマは配達できる人員を確保しないといけないのですが、ポケオは注文したユーザーが直接取りに来るので人員を策必要がありません。
https://pockeo.line.me/

すぐ効く!チラシ・看板・SNS

↑ただ、上記2つのデメリットは どちらも審査に1か月以上かかる点 。あと 手数料。
審査はどっちみち時間がかかるので、先にババっと依頼だけ出しておきましょう。
それで、今すぐできるのがこれ。チラシ。

印刷代がかかってしまうので0円販促にはなりませんが、チラシや看板を作成し近隣の住民にお持ち帰りをやっているということを周知させることは、意外と有効です。普段家にいないはずの日中、家にいる人が多いので、そういうデリバリーのチラシは重宝します。

チラシのデザインは特に凝ったものでなくてもいいと思います。
無料で配布されてる方のものを利用するのもありです。
↓オンラインでサクッとPOPが作れちゃうウェブサービスの使用もおススメです。
https://www.popkit.net/

できればそのチラシにSNSのQRコードを掲載するようにしておきましょう。日替わり弁当の毎日の写真や値段、状況をこまめにアップすることで地道な集客になります。ホリエモンもyoutubeでランチとディナーの間にSNS更新をやらせてるって言ってたのでここは間違いないと思います。どこからどう集客につながるかわかりませんからね。 特にピザや牛丼などの一般的なデリバリーにみんな少し飽きが来ている頃なので、健康を意識したものや個性を出したものが喜ばれる気がします。
食べ物系の写真をアップされる際はFoodieなどのアプリ使ったり、しずる感を出すことができればさらに良いかと思います。

SNSにアップするときは、ハッシュタグに地域名などを入れて近隣の人にアプローチしやすくしましょう。フェイスブックにエリアごとのお持ち帰りをまとめたグループを作成されてる地域もあるので、そういうところにアプローチをかけるのも良いと思います。
無かったら作ってしまうのもありです。

既存顧客の引き上げのためにできること

あと、新規顧客獲得できたらあとは、できるだけ手数料を取られない方法がいいですよね。というわけで、既存のお客さんの引き上げのためにできること

LINE公式アカウント始めましょう。

0円販促

無料で1000通まで送ることができます。
(ユーザーからのメッセージが来た時の受信は無料)
500人お客さんが登録してくれたとして、月2回はメッセージを送れますよ!
さらに無料でタイムライン(月4回)や、リッチメニュー・クーポンも使えるも使えるので、これは利用しない手はないです!
例えばLINEクーポンで
・お持ち帰りを取りに来てくれた方に〇〇サービス
・1週間お弁当を予約で10%割引
など、できることって結構あると思います。
リッチメニューで
・1週間分の日替わり弁当メニューを配信
・googleフォームなどにリンクを張って、注文予約受けられるように
等、できるのではないでしょうか。

そのLINEアカウントの告知ですが
お持ち帰りに来てくれたお客さんについでに
すでにインスタなどにSNSアカウントをお持ちの方、お客さんと直接連絡を取れる方はLINE友だち追加のQRコード貼り付けてその場で、登録してもらうようにしましょう。
ちなみにLINE公式アカウントの管理画面からポスターも作れるので、それを利用するのがいいと思います。簡単ですし。

こんな感じのポスターが作れます

さらにLINEがLINE公式アカウントで、コロナウイルス対策の支援する機能をタダで提供ですって(店舗向け)
LINE、「LINE公式アカウント」と「LINEチラシ」にて飲食店やドラッグストア等の店舗における新型コロナウイルス対策を支援する機能を無償提供

https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3184

Googleマイビジネスを利用しましょう。

Googleマイビジネス は、Googleがやってるサービスで、もちろん無料です。
登録の方法など詳しくはこちらに記載されているのでぜひやってみてください。
https://ferret-plus.com/8364

簡単に言うとお客さんにレビューを書いてもらうことで、信頼度を高める作業になります。

前に消費者側の私たちができることとして書いたのでそちらを見てもらえればと思いますが、ユーザーのお店にたどり着く手段の中でGoogleは割と上位にあるんですよね。
もはや余力でできればの話ですが、できれば、やってみてください。

そんな感じで今日も思いつくままにざっと書いてみました。
もっとこうしたら?こんな手段もあるよ!このサービスもおススメ!みたいなのがあればぜひコメントください。
では。

備忘録・雑記ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PR